ドラマ「陸王」にみる心配事〜シューズアドバイザー日記〜

  • 2017.10.20 Friday
  • 09:53
みなさん、こんにちは、シューズアドバイザー藤原です。
雨が続き、ランニングにはアゲインストな環境が続きますね・・・

さて、みなさん!

「やっぱりベアフットがいいんですかね?」

「やはり厚底はダメなんですね?」


とか、くれぐれもわたしに今更聞かないでくださいね〜(苦笑)。

先週から放送されたドラマ「陸王」を見た方の中で、そこまで知識がないランナーは、本気でそういう質問するかもしれないとわたくし密かに恐れています。そればかりか、また時代は繰り返す・・・過度なベアフットスタイルを貫くような履き方をするランナーが再び現れてしまうかもしれません・・・


誤解をしないでほしいですが、ベアフットムーブメントは2009〜2014年ほどアメリカをはじめ、日本でも一大ブームになりましたが、今ではすっかり下火です。

それにしても、放送中のセリフやシチュエーションのいくつかに違和感を感じざるを得ません。

まずは、ドラマ中の、ショップスタッフ有村が、「厚底は膝を痛める」と言い切るシーン。トラディショナルな踵の厚いドロップの効いたシューズを指していると思われますが、トラディショナルなトレーニングシューズへのアンチテーゼとして生まれたのがベアフットムーブメントなので、その説明としては、的を得ていますが、その後の流れで大頭してきた、今では人気急上昇の「ホカオネオネ」や「アルトラ」などニュー厚底スタイルブランドを考え合わせると誤解を招きかねない”言い切り”コメントに感じます・・・

また、ビブラム社の「ファイブフィンガーズ」を役所広司が手に取り、マラソン足袋を着想するシーン。かつては扱っていましたが、そもそも大型量販店「スーパースポーツゼビオ」にとっくに置いていない品番、商品です。しかも、このシューズを立ち上げた当の本人、トニー・ポスト氏は、ブームが去る前に新たなブランドを立ち上げ、今はビブラム社におりません。時代はかなり流れています・・・

シューズメーカー「アトランティス」の描写も、常に「薄底ソール」のシューズにクローズアップして展開されていますが、それが、トップ選手のランニングシューズのすべてではありませんし、最近では、ナイキ社がブレイキング2のイベントで発表して以来、”ナイキベイパーフライ4%”旋風が吹き荒れ、トップアスリートがレースで厚底を履く時代に入っています。

まあ、あげるときりがありませんが、逆にこれから物語の流れで「シルクレイソール」と新素材ソールの話が出てくることを考えると、反対にベアフット陣営にも手放しでプラスとは言えないでしょう。

ストーリーはきねや屋さんが制作した「無敵」のトゥルーストーリーがベースで、それにアディダスのブーストフォームのような新素材イメージも入るという事実はごちゃまぜになったまさに「あったらいいな」のフィクションですね。無敵をベースにトゥルーストーリーとどっぷりかぶせて、ドラマも展開されていれば、現実にもなんか夢が膨らみましたけどね。

そのイメージでいけば、かつて存在した日本マラソン界の父、金栗四三氏が播磨屋足袋店と作り上げた伝説の「ハリマヤ」とかぶせて、実際復活するような壮大な仕掛けがあったら、ナイキのブレイキング2みたいにワクワクしたのになあ、と個人的には思ってしまいます。

ですから、その流れのブランドイメージが全くない「ミズノ」がスポンサーなのは何故なのかな、と思ってしまいます。どうしてもストーリー上、ミズノ社のシューズをクローズアップできる場所もないですし、そもそもストーリーとのイメージがありません。ちなみにアトランティスの「R?」はお手の物でしょうけどね。別注対応のスペクトラソールを使っているようです。まあ、技術力とジャパンカンパニー、資金的な大人の事情が入った選択だったのでしょう。

さて、話を陸王の大筋に戻すと、ちなみに「ベアフットムーブメント」から学ぶこと多かったですし、もちろん今でも大事なコンセプトであることは間違いありません。しかし、原作がでた頃と、実は大きく状況が変わっていて、誤解を招きやすい解釈になっているなあ、ということはここに記しておきます。

まあ、そもそも、原作者、池井戸潤氏的には、こはぜ屋VS埼玉中央銀行の資金繰り争いをベースに半沢直樹的な部分を描きたかったと思いますから、シューズ業界はそこそこ抑える感じだったのでしょうけどね。ドラマが盛り上がって視聴率があがると、ややわたしシューズアドバイザー的には、やや面倒くさいことになるかもしれません。

まあ、原作読んで、わたくしも泣きました。物語として、フィクションとして、単純にお楽しみ頂けると幸いです。くれぐれもドラマの中のフィクションに” 恋 ”をしないようお願い致します。

〜ジャストフィットのお手伝い〜
F・Shokai 藤原商会代表 シューズアドバイザー
藤原 岳久

シューズアドバイザーと行くシューズお買いものツアー2017

テラスモール湘南 10/22  
そごう池袋西武 10/24
原宿界隈ツアー 10/28 10/31
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ランニングシューズ購入はこちら!

ランニングシューズ購入はこちらも!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラソン大会”ブランド枠”はランナーのため 〜シューズアドバイザー日記〜
    shinichiro handa (03/18)
  • 2018年箱根駅伝シューズシェアとそれが意味するもの〜シューズアドバイザー日記〜
    ハマダコウスケ (01/13)
  • ブレイキング2がもたらしその成果 その1 〜シューズアドバイザー日記
    Koidhi Suzuki (05/10)
  • オリンピック惨敗、マラソン日本選手のシューズ習慣〜シューズアドバイザー日記
    まー (09/24)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    藤原 (05/25)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    8男 (02/24)
  • Nike Zoom Structure19 シューズレビュー 〜シューズアドバイザー日記〜
    松井 徹 (12/08)
  • シューズアドバイザー日記 〜ケガをしない、マラソン上達はそれに尽きる〜
    菅川智恵子 (03/05)
  • シューズアドバイザー日記 〜気をつけよう!思考停止の1cmアップ〜
    千葉 はるか (06/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM