2017年箱根駅伝シューズ事情その2 〜シューズアドバイザー日記〜

  • 2017.01.26 Thursday
  • 18:57

みなさん、こんにちは。シューズアドバイザー藤原です。

 

さて、今回は箱根駅伝のシューズ事情その2です。前回もお伝えしましたが、箱根駅伝を走った全210名の選手が使用したシューズはたった5社。ブランドにとって、とっても業界としては大きな市場ではあるのですが、同時にとてもクローズドな市場というわけです。

 

 

アシックス、ミズノと言った元々日本メーカーの独壇場であった箱根駅伝に徐々に海外メーカーも参入して行きましたが、そのクローズドな場所に近年、アメリカ・ニューバランスが参入し5社になりました。現状、上武大学と拓殖大学のユニフォームサポートをしていますが、選手の着用は年々少しずつ上がってきているものの、今年もシューズ着用は、4名とシェアはかなり低い状況です。しかも、ニューバランスと言えば、ウエアブランドではありません。年齢層を問わず、誰もが認めるシューズブランド。若い人にもクラシックラインを中心に非常に人気があります。

 

なのに結果的に、走るときには使わない、本番では履かない、のです。これは何なのでしょうか。ちなみに今年の着用4名のうち一人は、エチオピアからの留学生拓殖大学のデレセ選手でした。彼の快走もあり、シューズが少し映りましたね。

 

しかし、ニューバランスは何故、この手のレーシングではここを逃したらダメだというチャンス、タイミングに、この1月に発売したハンゾーSを選手に着用させなかったのでしょうか?デレセ選手は喜んで履いてくれただろうと察します。この手のシューズの発売タイミングとしては、非常に残念なローンチではなかったかと思ってしまいます。(すでに9月のNYフィフスアベニューのマイルレースで、優勝したJ・シンプソンが履いています)

 

 

逆に、今後5社以外にも参入を狙っているブランドはあると思います。その筆頭は、アンダーアーマーやプーマ、ブルックスでしょうか。もしかしたら最近デッカーズジャパンが正式に代理店になったホカオネオネかもしれません。アメリカでは、トラックランナーや全米5Kのチャンピョンまでサポートしています。

 

ただ、その障壁、それもとても大きな障壁は、「日本企画シューズ」を作っていないことです。日本人ランナーはとにかく保守的です。5社しか履いていませんが、別に自由だし、履いている選手がいてもいいはずです。でも履いていません。もしかすると市場が保守的なのではなくて、選手が圧倒的に保守的なのでしょう。

 

しかし、それも変わりつつあります。やや神がかり要素もあるオーダーシューズに頼らない選手が増えていることです。2017年の青山学院大学は、10名中、9名がアディダスでしたが、そのうち3名のみが三村仁司さんの特注仕様でした。青山学院大学が初優勝したときには、ほとんどの選手がカスタムシューズを履いていたことを考えると大きな変化です。少なくともプロパー品で十分という評価もあるのでしょう。

 

また、先ほどのデレセ選手の例であったように、新規参入しようとするブランドにとってとっても大事な存在は外国人選手、ケニア、エチオピアの選手です。彼らは100%ウエア提供のブランドのシューズを着用する傾向にあります。裏を返せば、非常にハングリー、好奇心旺盛なのでしょう、また、ある種プロフェッショナルな意識を感じます。この点に関しても、彼らに見習うところは少なくありません。

 

ですから新規参入を狙うブランドは、まず外国人選手がいるチームを狙うのがベストな選択かもしれません。必ずと言っていいくらいの確立で着用してくれるわけですから。アンダーアーマーなんかは得意のアパレルから入っていけるし、ホカオネオネなんかは、履いたことがあるランナーは分かると思いますが、下りでシューズが機能する可能性ありますよね。(そんな時代が来たらすごい!)

 

もっと、もっと市場が開放的な状況下で、また選手もある種道具との関わりにプロ意識を持って、そして、現在のようなレベルの高い箱根駅伝が開催されていけば、箱根が日本のマラソンを弱くしている、とはもう誰も言わなくなる日が来るかもしれません。創設者、金栗四三さんの箱根駅伝への思いは、もっと、もっと壮大なスケールだったわけですから。

 

〜ジャストフィットのお手伝い〜

F・Shokai 【藤原商会】シューズアドバイザー 藤原岳久

https://www.f-shokai.com/

 

シューズアドバイザーと行くゼビオお買いものツアー開催中!

https://www.f-shokai.com/お買いものツアー随時開催中/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ランニングシューズ購入はこちら!

ランニングシューズ購入はこちらも!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラソン大会”ブランド枠”はランナーのため 〜シューズアドバイザー日記〜
    shinichiro handa (03/18)
  • 2018年箱根駅伝シューズシェアとそれが意味するもの〜シューズアドバイザー日記〜
    ハマダコウスケ (01/13)
  • ブレイキング2がもたらしその成果 その1 〜シューズアドバイザー日記
    Koidhi Suzuki (05/10)
  • オリンピック惨敗、マラソン日本選手のシューズ習慣〜シューズアドバイザー日記
    まー (09/24)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    藤原 (05/25)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    8男 (02/24)
  • Nike Zoom Structure19 シューズレビュー 〜シューズアドバイザー日記〜
    松井 徹 (12/08)
  • シューズアドバイザー日記 〜ケガをしない、マラソン上達はそれに尽きる〜
    菅川智恵子 (03/05)
  • シューズアドバイザー日記 〜気をつけよう!思考停止の1cmアップ〜
    千葉 はるか (06/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM