怪我についての考え方&シューズの使い方 〜シューズアドバイザー日記〜

  • 2016.03.16 Wednesday
  • 16:15
今週末の板橋Cityあたりで、4月かすみがうらや長野マラソンに出る方以外は、フルのマラソンレースはひと段落するランナーも多いかと思います。今シーズンも色々課題も見つかったと思います。年がら年じゅうフルのレースに出ようとすればできる時代ですが、これから9月くらいまでは仕切り直し期間です。積極的に課題改善の対策をしつつ、ランニングの新たな可能性、ご自身の新たな可能性を感じる時です。トレランに行くもよし、あまり走らない5Kとか10Kのレースに出てスピード練習に勤しむのもよし、体幹トレーニング・ヨガなど課題のフィジカルを鍛えるもよし、とにかくこの時期は、来シーズンの目標達成にとても重要な意味をもちます。

また故障や怪我を今シーズン中、だましだましにやってきた方は、この機会に根本解決をしたい時期です。わたしは医者ではありませんので、医学的なエビデンスに欠ける内容かもしれませんが、ランニング歴30年での経験上の怪我に対してのわたしの認識・対処法を紹介したいと思います。なぜなら世の中には、自分がしっかりしていないと信頼できるドクターばかりではありません。また西洋的、東洋的アプローチのニュアンスを知っていないとがっかりとした結果になることもあるでしょう。しかも、ランニングは負荷がかかるという理由で、まず「走っていいよ」というドクターはいないでしょう。ランナーとして頼りになるのは基本的には、自分です。

まず怪我には、突発的な骨折、捻挫などがあります、これは要レストです。西洋的なアプローチ、レントゲンやMRIなどでアドバイスをもらい一定期間安静です。しかし、いわゆるランナー的原因不明のグレーゾーントラブル、腰が痛い、膝が痛い、アキレス腱が痛いなどに対しては、経験上2種類の痛みがあり、それにより対処を変えています。その深刻度という感じでしょうか。

.薀鵐縫鵐袷阿歪砲ぁ▲薀鵐縫鵐阿垢襪板砲澆なくなるもの
▲薀鵐縫鵐袷阿歪砲なくて、ランニングするとだんだん痛くなるもの

基本的に,離院璽垢任蓮△錣燭靴魯薀鵐縫鵐阿鬚靴覆ら治すようにしています。このケースは、筋肉系の炎症などの可能性が高く、体が温まることで患部温度に近づき紛れ、痛みが緩和するからです。ただ走りながらも当然ですが、また痛くない状態である"良循環"が生まれる環境を作らなくて治りません、やれることはやりつくします。ラン後のアイシング、ストレッチはもちろん、体幹部のトレーニングをしたりしてバランスが狂っていないかどうか、走ること以外も積極的に行います。要は炎症箇所はだましだまし、でもその根本的原因を探りながらというイメージです。

さて△蓮∩ると痛くなるのですから、肉離れ等筋断裂、また関節の曲がる方向など構造的に問題がある可能性が高く、要レストとか、アライメントを整えるなど根本解決してからではないと走っても同じことになるでしょう。最初のアプローチは、整形外科に行き、一定期間要安静です。

西洋医学と東洋医学がありますが、それぞれ役割があって、初期症状では医科学的"西洋アプローチ"はマスト。素人ですからその指針は必要です、レントゲンや、MRIなど撮って、骨や腱に外科的問題がないかを確かめます。異常が無ければ、実際の積極的な治療"東洋的アプローチ"をします。接骨院、鍼灸師、カイロプラティックなど専門家に治療してもらいアドバイスをもらいます。ここで大事なのはセルフケアへの指針をもらうことです。怪我を治していく上で一番大事なのは、「自分自身の自然治癒力を活性化させる」ことです。問題は他人任せ、お医者さん任せの治療では根本的には治りません。仮に治ったとしても同じことが起こる可能性が高まります。アドバイスをもらって、あくまで治すのは自分自身、西洋医学にできること、東洋医学にできることを理解して、うまく利用すべきです。



シューズも自然治癒力を活性化させるという役割の履き方がポイントです。

まず【痛い】というフェーズでは、シューズにしっかり守ってもらいます。しっかり固めて、余計な動きが出ないように、関節はベスト位置で稼働するようなポジションにもっていってもらうという役割が重要です。なので「トレーニングシューズ」が最適です。トラディショナルソールに傾斜があるものでいいと思います。またトレーニングシューズだと思っていたものがレーシングシューズだったとか、シューズ自体の寿命はどうですか?それも確認、どちらかもしくは両方に該当する方は、痛みの原因がそれである可能性が高いのですぐ買い替えを勧めます!

そのフェーズを過ぎたら、その根本原因を探りましょう。
ランニング時の左右の接地はどうですか?ランニングフォームは崩れてないでしょうか?
例えば、靴底の摩耗は左右対象になっていますか?どちらかが強く擦れていませんか?かかととつま先側の摩耗はバランスはどうですか?…実はなんとなくそうではないか?という原因をみなさんも感じているはずです。自分でわからない方は、治療家・ランニングコーチにアドバイスをもらえばいいと思います。このフェーズでは足の接地感を確認できるベアフット系のシューズを積極的に活用していきます。ベアフットシューズをお持ちでなければ、時には芝生の上、砂浜の上を裸足で走ってみるのも良いです。地面からたくさん情報をもらって、自然治癒力を活性化させると良いです。



とにかく大事なのは、そのメリハリ。いろいろなシューズを履くことで、筋肉が受け身になりませんので、怪我をしにくい体勢は整います。同じような刺激の繰り返しはマンネリズムを生みだしますからね。履き分ける重要な意義として、体自身が適度に敏感でいるということもあると思っています。

最後に痛みというキーワードがある中で、レーシングシューズの存在はありません。トレーニングシューズにも、ベアフットシューズにも属さないレーシングシューズは、動きを見直す点でも、痛みから好循環を戻すために固める点でも中途半端な存在です。
また使い古したシューズを街歩きや、移動用に、もいただけない考え方です。シューズの底が片ベリしているものを含みます。では質問です、ランニングしている時間と日常での時間どちらが長いですか?結構その痛みの原因、もしかしてそのボロボロの移動用シューズかもしれませんね。

〜ジャストフィットのお手伝い〜
F・Shokai【藤原商会】
シューズフィッティングアドバイザー 藤原岳久
http://www.f-shokai.com/

シューズアドバイザー藤原と行く、ズバリ!シューズの選び方のコツ教えます!&お買いものツアー
http://www.f-shokai.com/お買いもの申込

3/18(金)18:00〜  東京 オリナス錦糸町   残り1名募集

3/20(日)18:00〜  東京 オリナス錦糸町   残り1名募集

3/23(水)13:00〜  横浜 みなとみらい       3名募集

3/24(木)18:00〜  辻堂 テラスモール湘南  3名募集

○3/28〜29 (月〜火) 19:30〜 オリナス錦糸町  2名募集 


 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ランニングシューズ購入はこちら!

ランニングシューズ購入はこちらも!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラソン大会”ブランド枠”はランナーのため 〜シューズアドバイザー日記〜
    shinichiro handa (03/18)
  • 2018年箱根駅伝シューズシェアとそれが意味するもの〜シューズアドバイザー日記〜
    ハマダコウスケ (01/13)
  • ブレイキング2がもたらしその成果 その1 〜シューズアドバイザー日記
    Koidhi Suzuki (05/10)
  • オリンピック惨敗、マラソン日本選手のシューズ習慣〜シューズアドバイザー日記
    まー (09/24)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    藤原 (05/25)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    8男 (02/24)
  • Nike Zoom Structure19 シューズレビュー 〜シューズアドバイザー日記〜
    松井 徹 (12/08)
  • シューズアドバイザー日記 〜ケガをしない、マラソン上達はそれに尽きる〜
    菅川智恵子 (03/05)
  • シューズアドバイザー日記 〜気をつけよう!思考停止の1cmアップ〜
    千葉 はるか (06/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM