ベアフットトレーニング=LSD!?それに関わるシューズの話 〜シューズアドバイザー日記〜

  • 2016.02.05 Friday
  • 11:48
以前ジョグとLSDの違いはなんだろう、という話をしました。(http://f-shokai.jugem.jp/?eid=52

では、今回は、ベアフットトレーニングとLSDトレーニングは、実は二アイコールトレーニングだという説を話します!また、はだしラン愛好家を敵にまわしてしまいそうですが、安心してください、まったく!さらに仲良くなれる感じですよ(笑)

さて、わたしは、両者はトレーニング時間の短長の違いはあれど、そのトレーニングベネフィットに共通点がある思っています。その場合、それに関わる目的にあったセレクトのシューズありきの話であることは、言うまでもありません。

LSDは言わずと知れたロングスローディスタンスの略、できるだけゆっくりのペースで走ることで、毛細血管の開発やレース疑似体験ができるトレーニングです。ゆっくりですから、ほんとにゆっくりですから、いつも動きが速くなればごまかせていた動きも、ごまかせない。なんかリズムが悪い。ゆっくり走ると耐えられない、ゆっくり走れないのはそれが原因です。ですから、足のつき方、抜け方、腕振り、体の姿勢など、ひとつひとつの動きを正確に行い、考えることによって、フォーム修正にもなり、動き作りの上でも非常に大事なトレーニングになります。

この場合、ゆっくりなので地面との接地が長くなりがちです、それは地面にブレーキをかけることになりますし、体重を支える時間が単純に増えますので、筋肉の仕事量が増えます。低速で接地時間最短にするには、それを促してくれる傾斜のついたトレーニングシューズが最適なわけです。そして、シューズをうまく転がすように先端まで使いこなして、ブレーキレスで走り続ける。これを意識して、長時間続けていると、まるで角がとれてまん丸になった感じで、ランニングフォームが柔らかくなります。その後、ウィンドスプリントを入れるととれも軽く走れるのは回転が良くなったフォームから、回転速度をあげただけだからです。



反対にベアフットトレーニングとはなんでしょうか?かかとのないフラットな低サポート移動を手助けするオートマチックな形状を排除したシューズを使うことで、強いヒールストライクにブレーキや、自然なランニングフォームに誘導しようとするトレーニングです。単純に言うと、かかとから過度ににつくと痛い(笑)、だからつき過ぎないようになるという構造、それだけの仕組みですから、アメリカで訴訟沙汰になったりしたわけです。ボーントゥランよろしく、低サポートのシューズ履くことで膝の痛みがなくなる、というはあまりにもロジックでなさすぎます。

ですからベアフットトレーニングとは、考えて使うもの、意識して行うトレーニングです。ソールの傾きが何もないばかりでなく、シューズ前足部の接地感も良くなっています。シューズが移動を何も手助けしてくれませんから、ということはそれを自分でやる、それも積極的にやる、そう意識して使うことが大事です。そして、多くの方が、うまく使えず、接地時にブレーキをかけますので、タイミングをもっと早くしたり、リズム良くジャンプして接地が短くなるように工夫したり、考えながら走ると動きの合理性につながります。

つまり、シューズをハードに例えるならば、ハードが路面環境から守る程度しかないので、ソフト=フォーム=動きが良い状態でないとちゃんと走れません。ちなみに、体の耐性が強い方、強くなった方であれば、動きの合理性とは無関係に怪我もせず、走れるかもしれません。はだし王子、吉野剛氏によると10人はじめたら、1人しか残らないのがはだしトレーニングらしいですから、ハードなイメージを持っている方も多いでしょう。でも適度な導入、定期的な導入、短時間での導入などであれば、どのレベルの方にもとても効果あるトレーニングです。それはビギナーの方もです、むしろビギナーの方こそ怖がらないでほしいですね。

話をまとめると、LSDのときは、スローペースで接地時間は長くなりやすい、ですからうまくシューズを転がしてその時間を最短にするように使う。逆にベアフットのときは、シューズが何もしてくれず接地時間がながく、ブレーキもかかりやすいことから、自分でソフトであるフォームを意識して走る。この両極端を繰り返すことで、フォームは強固なエコノミー(合理性)を体得できる可能性が高まります。例えば、週末は長い時間、LSDでフォームを考えながら、平日はベアフットでフォームを考えながら、という具合にです。

ぜひ接地時間をコントロールできる能力が高めて、ランニングという動きが上達させましょう!しいては、接地時間の短い速度(速く走っている、速く走ろうとしている状態)での効率も高まります。わたしの感覚ではLSDをやったあとでは、足の回転が良くなるイメージ、ベアフットのあとでは、左右のバランスなどフォームが安定するイメージがあります。

ランニング上級者ならぬ、ランニング上達者の道のためにも、ぜひ参考にしてください。シューズに関しては『藤原商会ランニングシューズ研究所』もご参考ください。(http://www.f-shokai.com/home/fsシューズ研究所)

〜ジャストフィットのお手伝い〜
F・Shokai 【藤原商会】
シューズフィッティングアドバイザー 藤原岳久
http://www.f-shokai.com/

『シューズ選びのコツ教えます!シューズアドバイザーが同行、お買いものツアー!』開催中!
http://www.f-shokai.com/お買いもの申込/

2/13(土)18:00〜   東京  オリナス錦糸町   2名募集 

2/14(日)18:00〜   東京  オリナス錦糸町   2名募集

2/17(水)13:00〜   辻堂  テラスモール       3名募集

2/23(火)13:00〜   東京  オリナス錦糸町   3名募集

2/24(水)13:00〜   横浜  みなとみらい店   3名募集

2/26(金)13:00〜   東京  オリナス錦糸町   3名募集

2/26(金)18:00〜   東京  オリナス錦糸町   2名募集

2/27(土)14:00〜   辻堂  テラスモール       3名募集

2/27(土)18:00〜   辻堂  テラスモール       3名募集

2/28(日)15:00〜   東京  オリナス錦糸町   2名募集

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ランニングシューズ購入はこちら!

ランニングシューズ購入はこちらも!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラソン大会”ブランド枠”はランナーのため 〜シューズアドバイザー日記〜
    shinichiro handa (03/18)
  • 2018年箱根駅伝シューズシェアとそれが意味するもの〜シューズアドバイザー日記〜
    ハマダコウスケ (01/13)
  • ブレイキング2がもたらしその成果 その1 〜シューズアドバイザー日記
    Koidhi Suzuki (05/10)
  • オリンピック惨敗、マラソン日本選手のシューズ習慣〜シューズアドバイザー日記
    まー (09/24)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    藤原 (05/25)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    8男 (02/24)
  • Nike Zoom Structure19 シューズレビュー 〜シューズアドバイザー日記〜
    松井 徹 (12/08)
  • シューズアドバイザー日記 〜ケガをしない、マラソン上達はそれに尽きる〜
    菅川智恵子 (03/05)
  • シューズアドバイザー日記 〜気をつけよう!思考停止の1cmアップ〜
    千葉 はるか (06/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM