”薄底対厚底”という表現は無意味 海外勢は昔から厚底 〜シューズアドバイザー日記〜

  • 2019.03.01 Friday
  • 16:48

みなさん、こんにちは。シューズアドバイザー藤原です。

 

さて、今週は東京マラソンですね。日本人選手豪華対決楽しみです。個人的には、先日対談した日清食品の佐藤悠基選手と西鉄の福田穣選手はしっかりと応援したいと思ってますよ。

 

さて、福田選手の勝負シューズはナイキヴェイパーフライ4%です。いろいろ試した中で、あれが一番しっくりくるからが理由だそうです。選手はシンプルに、純粋、感覚的に自分の信頼できる道具を選んでいるでしょうね。

 

出典:ナイキホームページより

 

それに比べて、「薄底」対「厚底」という表現で、ナイキヴェイパーフライ4%とトラディショナルなジャパンレーシングを比較して、どっち?どうなんだ?みたいな記事や投稿、You Tubeを良くみかけますが、閲覧数目当てとしか思えない内容の薄さにはもうへきへきです。国会の討論と一緒で、もっと本質的なこととしっかり中身を伝えましょうよ。

 

コレ、もっともっと単純なシンプルな話ではないですか?選手のように純粋な感覚で考えれば何でもないです。まずいちばん大切なことは、「薄底」と「厚底」は、本来、使い方、使う場所が違うシューズだということです。

 

島国日本では、金栗四三さん以来の流れは、あの薄いレーシングに受け継がれ、それは、マラソンシューズと呼ばれて、マラソン選手が履いているシューズはあれ、という固定観念がすっかりついている感じです。

 

薄底は、単純に”接地感”を高めたものです、薄いから当然です。接地感を高めた、まさにレスポンスのいいシューズ。体の機能を発揮しやすい構造になっていますので、半面疲れます、ほぼ何も機能がありませんからですね。だから「疲れないように鍛える」というのが、日本人的代表的な発想でした。

 

一方、最近注目される厚底スタイルは、まったく新しい概念ではなく、英語圏でいう「テンポアップ」シューズです。接地感よりも、トレーニングシューズのように体を揺らして、接地時間を少なくするようなガイドがあるシューズです。簡単に言えば、トレーニングシューズで軽いやつです。

 

ですから、前者を英語では、レーシングフラット(前足部と同じ厚み)、後者をテンポアップランとして区別しています。構造上単純に、レーシングフラットは、スパイクの代わりですから、履く時間、距離は短いのが一般論です。

 

反対に厚底スタイル=テンポランスタイルは、比較的長い時間、スピードをあげたいときに履くシューズです。あの世界最高記録男、エリウド・キプチョゲの初期のマラソンでのレースシューズは「フライニットルナ2」です。

 

ナイキフライニットルナ2

ロッテルダムマラソンでのキプチョゲ

 

つまり、彼らは昔から厚底です。しかも、日本人だけがレーシングフラット(薄底)とテンポアップラン(厚底)を比べているだけで、一般的には、ショート⇒薄底、ミドル(ロング)⇒厚底が世界の常識なのです。

 

結局、しっかりコンディションを高めて、「薄底」でも疲れない体で、ガイドのある「厚底」が使えたらどうでしょうか?長い距離であるマラソンでは、クッションはほしい、そういうことです。海外のランニングシューズの住み分けは至ってシンプル、そこに固定観念のない日本人アスリートが、”常識”に踏み込んでいったのは歓迎すべき変化だと思っています。

 

ちなみに、厚底だとすれば、ホカオネオネの「マッハ」や「カブー」だってそうだし、前世界最高記録シューズのアディダス「アディゼロブーストジャパン」だってそうです。

 

「サブ4用」「マラソンシューズ」など数々あるネイティブには通じない和製英語、その一つに「厚底」もノミネートといった感じでしょうか。

 

 

〜ジャストフィットのお手伝い〜

シューズアドバイザー

F・Shokai 【藤原商会】代表:藤原岳久

https://www.f-shokai.com/

 

ランニングショップDEお買いものツアー開催 3/18〜

https://www.f-shokai.com/running-shop-de-お買いもの/

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ランニングシューズ購入はこちら!

ランニングシューズ購入はこちらも!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • LSDは最も重要なトレーニング 〜シューズ アドバイザー藤原の目指せ!48歳2時間半ギリ!〜
    浩司 (01/19)
  • マラソン大会”ブランド枠”はランナーのため 〜シューズアドバイザー日記〜
    shinichiro handa (03/18)
  • 2018年箱根駅伝シューズシェアとそれが意味するもの〜シューズアドバイザー日記〜
    ハマダコウスケ (01/13)
  • ブレイキング2がもたらしその成果 その1 〜シューズアドバイザー日記
    Koidhi Suzuki (05/10)
  • オリンピック惨敗、マラソン日本選手のシューズ習慣〜シューズアドバイザー日記
    まー (09/24)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    藤原 (05/25)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    8男 (02/24)
  • Nike Zoom Structure19 シューズレビュー 〜シューズアドバイザー日記〜
    松井 徹 (12/08)
  • シューズアドバイザー日記 〜ケガをしない、マラソン上達はそれに尽きる〜
    菅川智恵子 (03/05)
  • シューズアドバイザー日記 〜気をつけよう!思考停止の1cmアップ〜
    千葉 はるか (06/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM