ベイパーフライフライニット4%を買う前にペガサスを買え!

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 17:57

みなさん、こんにちは。シューズアドバイザー 藤原です。

 

さて、ズームベイパーフライ4%(VF4%)のアップデイトモデル「ズームベイパーフライフライニット4%」がいよいよ9日から発売されますね。

 

前モデルからソールユニットには変更がないですが、今回からフライニットアッパーになり、いよいよ「ブレイキング2」であのエリュード・キプチョゲが履いた「エリートモデル」に見た目も機能も近づきますね。

 

すでに大迫選手などナイキアスリートが各レースで履いて露出されています。とういうことで、また殺到するんでしょうね。わたしも手に入るのかどうか・・・心配です・・・レビューが書けない・・・かな・・・

 

出典:ナイキジャパンホームページ

 

ただ、ひとつだけ言っておきたいことは、欲しい方、購入前検討する前に以下のことは確認した方がいいですよ。

 

・普段トレーニングシューズを履いている

・それを好んで履いている

・ナイキで言えば、ズームストラクチャー、ズームペガサス、ズームボメロなどのような、やや重量があって、硬くてと言ったタイプのシューズです。

それを重いとか、思っていないかどうかですね。

 

ズームペガサス35

ズームボメロ13

出典:ナイキジャパンホームページ

 

また、逆に、この辺のシューズは苦手で、

・ピッチ走法である

・シューズの踵だけが異常に擦れる(強いヒールストライカー)

・アシックス系の薄いレーシングが好き

・ナイキで言えば、スピードライバルのようなオールインワンシューズを好んで履いてる

 

ズームスピードライバル

出典:ナイキジャパンホームページ

 

こういうランナーには恐らくVF4%は、なんのメリットがありません。残念ながらです。

 

そもそも、履けば誰でも速くなるのであれば、それは、ドーピングですしね(イクイップメントドーピング)。シューズには「使いこなす」という要素が必要です。

 

10mmドロップの坂道ソールで、カーボンプレートのバネが基本的にシューズの「前足部」で機能するように作られているわけです。ですから、真ん中より前をポジティブに使えるような走り方でないとメリットがありません。

 

「トレーニングシューズの軽くて、変なやつ」という存在です、VF4%は。ですから、トレーニングシュースと同じように、屈曲が制限されています。曲がりません。これは体を前方へ導く要素が強いと言えますね。

 

足を振りだすような膝下からストライドを出す動作、ピッチ寄りの走り方には向いてなくて、通常からトレーニングラインのシューズで、シューズを中心に体を揺らして、股関節からストライドを作って、真下に振り下ろすような動作向きと言えます。

 

真上から踏むイメージで使えれば、ずっとバネがシューズにある感覚になります、それが大きなポイントです。

 

こりゃ合いそうもないな、という方で、そのままのフォームでも満足、良いという方は、「ズームペガサスターボ」をお勧めします。屈曲制限のないズームXソールですので、クセはありませんから。

(ペガサスターボのレビューはこちらを参考にください https://mg.runtrip.jp/archives/31554

 

ペガサスターボ

出典:ナイキホームページ

 

また、今後のタイムアップにフォームに改善点を見出して行こうというポジティブなあなたは、是非「ズームペガサス35」などトレーニングラインを徹底的に履きこなしましょう。(VFFK4%は欲しかったら同時購入に挑みましょう!)

 

出典:ナイキホームページ

 

ペガサスはバーサタイル(多目的)要素があるシューズです、エリュード・キプチョゲばりにジョグはもちろんのこと、距離走から、軽いテンポアップまで使ってみることです。VF4%のメリットを感じられることでしょう。これがVF4%を使いこなすコツです。

(ペガサス35レビューはこちらを参考にしてください https://mg.runtrip.jp/archives/31552

 

このシューズを使いこなすことは、ランニングエコノミー要素とも関連性が強いですし、ランニングをうまくなりたい、というイメージで購入するのも良いですよね。

 

さて、シューズアドバイザーとして頼りないことを言ってしまうと、VF4%が履きこなせると、わたし自身「レースではこのシューズに頼りたい」という気持ちがとても強くなっています。それぐらい特にフルのようなロングディスタンスレースではメリットを感じています。

 

ちなみに、10月に出るズームフライのアップデイトモデル「ズームフライ1%」は大幅に仕様が変わるという情報です。こりゃ、しばらくナイキに翻弄されますね。

 

〜ジャストフィットのお手伝い〜

F・Shokai 【藤原商会】代表:

シューズアドバイザー  藤原岳久

https://www.f-shokai.com

 

ランニングショッププロジェクト シューズ選びのコツ開催中!(10月8日〜10月13日)

https://www.f-shokai.com/お買いものツアー随時開催中/running-shop-de-お買いもの/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ランニングシューズ購入はこちら!

ランニングシューズ購入はこちらも!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラソン大会”ブランド枠”はランナーのため 〜シューズアドバイザー日記〜
    shinichiro handa (03/18)
  • 2018年箱根駅伝シューズシェアとそれが意味するもの〜シューズアドバイザー日記〜
    ハマダコウスケ (01/13)
  • ブレイキング2がもたらしその成果 その1 〜シューズアドバイザー日記
    Koidhi Suzuki (05/10)
  • オリンピック惨敗、マラソン日本選手のシューズ習慣〜シューズアドバイザー日記
    まー (09/24)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    藤原 (05/25)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    8男 (02/24)
  • Nike Zoom Structure19 シューズレビュー 〜シューズアドバイザー日記〜
    松井 徹 (12/08)
  • シューズアドバイザー日記 〜ケガをしない、マラソン上達はそれに尽きる〜
    菅川智恵子 (03/05)
  • シューズアドバイザー日記 〜気をつけよう!思考停止の1cmアップ〜
    千葉 はるか (06/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM