社会現象!ズームフライ・ヴェイパーフライ4%争奪戦!〜シューズアドバイザー日記〜

  • 2017.12.18 Monday
  • 10:17

みなさん、こんにちは。シューズアドバイザー藤原です。

 

かなりの社会現象になっております、ズームフライの争奪戦。

 

とは言ってももちろんランナー界での現象ですけどね。当初ナイキショップ発売日、発売開始時刻9:00の数秒で完売という状況で、まさにクリック合戦。まるでエントリーできなかった大会のようにやるせない気持ちにさせられました。それも、最近では、やや沈静化しつつある様子。ビクトリアでブルーのオリジナルカラーも販売してたりして、販路が増えたものあるのかと思います。

 

 

だた依然購入がかなりの難関であるのがベイパーフライ4%。25200円という高額ながら、こちらは発売数も限られ、発売や再入荷で秒殺状態が続いています。ヤフオクでは(業者?)かなり法外な金額で4%を出展しています。平気で50000円台(!?)とか2倍近くの金額で落札されたものもありました。

 

かくゆう、わたくしシューズアドバイザーも、取材でベイパーエリートとベイパーフライ4%を一度履かせてもらっただけで手元にはありません(涙)

 

欲しい人、速く走りたい人が、必ずしも購入できるわけではないこの状況、「シューズ購入格差」が生まれるなんて、まさにランニングバブル、ちょっと行き過ぎな感もあります。湘南国際のスタートラインでは、センブーストか、このズームフライという状況。わたしも含めて日本人の群集心理はこういったところに現れます。

 

そして、これは、市民ランナーにかぎったことではないです。選手もこぞって薄底からこの厚底スタイルに乗り換えています。その一人が初マラソンの東京マラソンをストリークLTという薄底で走りきった設楽悠太選手。今期はハーフで日本最高記録、マラソンでも自己ベストとノリにノっています。そして、ビックリなのがトラックでの1万メートルでも愛用ベイパーフライ4%を履いて自己ベストを達成しています。(トラックレースはスパイクでもいいような気がします・・・)

 

 

まあ、多くの日本人選手はいまだ距離に関係なく、薄底が主流ですが、先日の福岡国際マラソンで3位になった大迫選手がヴェイパーフライ4%をはじめ、実際福岡も1~3位までがヴェイパーフライ着用者。そして、4月から始まったワールドメジャースの各レースでも、MAYFLYと言われるプロトタイプを履いた選手も含めて、男女優勝者の7割がヴェイパーフライ4%かエリート(キプチョゲ)という状況です。これではアスリートばかりか、市民ランナーも飛びつかざるを得ませんよね。

 

フェイスブックの投稿でも週末は、レースの投稿が増えますが、同時に最近ではズームフライの投稿も目立ちます。

 

ただ一方で、どうしてもこれを履きこなせない、履きづらいというランナーがいることも結構いることも事実。これは技術的な要素も大きいと思うのですが、いずれにしても単純に、「お金でタイムが買える」わけではなさそうですね。

 

これは、薄底スタイルが距離に関係なくあたり前のである日本の多くのランナーにとって、屈曲制限があり、接地感がないこの手のシューズをどう使いこなせすかがポイントになります。回転数に頼ったピッチ寄りのランナー、トレーニングシューズを全然履かないランナー、前足部裏側、当たり前についているプラスティックのグリップに慣れているランナーなどは、技術的に好感が持てないのかもしれません。(4%はカーボンが入った構造なので、もっと安易に使える印象ですが・・・)

 

 

大迫選手は、日頃からケガ予防も兼ねて、ズームペガサスというトレーニングシューズをしかも柔らかい地面を選んで走っているそうです。またベイパーフライもマイレージ(距離がいかないように)ポイントで使用したりするだけで、あとはストリーク6を使っているということです。またジムトレではフリーとまさに模範。

 

市民ランナーのみなさんも、大迫選手のようにいろんなシューズを使ってみることをオススメしますが、例えば、慣れないタイプのものほど使ってみるべき要素があるんだと思っています。

 

盲目的なハードワークだけが目標達成をかなえるわけではなく、こういった道具を使ってみるプロセスは、技術的な改善につながるかもしれません。お金でタイムは買えないけど、お金でタイムは買えます。それはみなさんの考え方、使い方次第ということになるのでしょうかね。

 

〜ジャストフィットのお手伝い〜

F・Shokai 【藤原商会】シューズアドバイザー 藤原岳久

https://www.f-shokai.com/

 

シューズアドバイザー藤原といくお買いものツアー開催!

https://www.f-shokai.com/お買いものツアー随時開催中/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ランニングシューズ購入はこちら!

ランニングシューズ購入はこちらも!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラソン大会”ブランド枠”はランナーのため 〜シューズアドバイザー日記〜
    shinichiro handa (03/18)
  • 2018年箱根駅伝シューズシェアとそれが意味するもの〜シューズアドバイザー日記〜
    ハマダコウスケ (01/13)
  • ブレイキング2がもたらしその成果 その1 〜シューズアドバイザー日記
    Koidhi Suzuki (05/10)
  • オリンピック惨敗、マラソン日本選手のシューズ習慣〜シューズアドバイザー日記
    まー (09/24)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    藤原 (05/25)
  • レーシングシューズは人と一緒でなくていい! 〜シューズアドバイザー日記〜
    8男 (02/24)
  • Nike Zoom Structure19 シューズレビュー 〜シューズアドバイザー日記〜
    松井 徹 (12/08)
  • シューズアドバイザー日記 〜ケガをしない、マラソン上達はそれに尽きる〜
    菅川智恵子 (03/05)
  • シューズアドバイザー日記 〜気をつけよう!思考停止の1cmアップ〜
    千葉 はるか (06/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM